• 赤ちゃんが泣くのには理由があります

    赤ちゃんは泣くのが仕事です。

    リクナビNEXT JOURNALの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

    生まれたばかりでまだ話す事が出来ない為に、泣いてお世話をしてくれる人に訴えています。

    しかし、毎日泣き声を聞いていると、何故泣いているのか解らなくて途方にくれてしまうことも、よくあるのです。

    待望の赤ちゃんが寝ないに関連した情報が掲載されています。

    赤ちゃんが泣くのには、どのような理由があるのでしょうか。
    一番多い理由としては、お腹が空いているということです。
    母乳やミルクはとても消化が良く、さらに赤ちゃんの胃はとても小さい為に、すぐにお腹が空いてしまうのです。大体3時間おきに母乳やミルクを与える事が多いのですが、2時間や1時間でお腹が空いたと泣いてしまう赤ちゃんもいます。


    異常なのではないかと、お母さんは心配になってしまいますが、母乳の場合は授乳間隔が多少短くても、与えても問題ありません。
    ミルクの場合は3時間程空けた方が良いとされていますので、心配でしたら助産師さんに尋ねてみるのが一番良いのではないでしょうか。
    他に泣く理由としましては、おむつが濡れていて気持ちが悪い、お母さんに抱っこしてほしい、眠たい、などの理由があげられます。


    他にも、熱があって具合が悪い場合もありますので、いつもと状況が違った泣き方をしていたら、熱をはかったりして体調の変化を見逃さないようにしましょう。



    赤ちゃんが泣くのは可哀想なので、なるべく泣かさないようにしているという方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

    泣いていることで、肺が鍛えられているとも言われていますから、特別心配しすぎずに、子育てを行いましょう。