• 赤ちゃんが泣くときはどうしたら良いか

    • 赤ちゃんは泣くことが多いですが、時期によって泣き方が異なります。
      生後2週間までは、おむつが汚れているなど不快な思いをしている時、お腹が空いている時などを中心に泣くことが多いですが、生後2週間を過ぎるころからは、それらの思いの他に、抱っこをしてほしい、構ってほしい、こっちを向いて欲しい、という思いが含まれ泣きます。
      これは少しずつ赤ちゃんに知恵がついてきていることが要因です。


      お母さん、という存在を認識し始めている大切な時期であるので、赤ちゃんが泣く場合は、積極的に話しかけると良いでしょう。



      生後2か月を過ぎることから、さらに感情が豊かになっていきます。

      笑ったり泣いたりと表情が出てくるので、できればその都度反応してあげると表情が豊かに育ちます。

      赤ちゃんが泣く場合、抱き癖が付くかと心配になりますが、抱き癖がつくことはありません。

      赤ちゃんが夜泣きの詳細についてはこちらです。

      お母さんに抱かれることによって安心感を得ることができ、成長する上で、スキンシップはとても大切なので、どんどん赤ちゃんに触れるようにしましょう。

      ロケットニュース24情報を簡単に調べられます。

      抱っこしても泣き止まない場合は、お母さんの心臓の音を聞かせる、お腹の中にいる時のようにちょっと丸めて抱っこをしてみる、お母さんのお腹の上で寝かせてみるといったことを行ってみます。

      なかなか泣き止まないとどうしてなんだろうと疑問に思ったり、泣き止んでほしいと願ったりしますが、良く泣き声を聞いているとどうして泣いているのかがわかってきます。

  • 大事な教育の事

    • 赤ちゃんは何で泣くの?

      赤ちゃんが泣く理由はさまざまです。新生児だと、暑い、寒い、おなかがすいた、お尻が気持ち悪い、びっくりした、ぐらいですが、3ヶ月ぐらいになると「たそがれ泣き」といって3時〜6時ぐらいの夕飯の支度時にぐずってぐずってどうしようもなくなったりします。...

  • 教育の特徴

  • ためになる情報・学びたい知識