• 赤ちゃんが泣く時の対処法

    赤ちゃんは泣くのが仕事と言われるくらいよく泣きます。

    当たり前ですが、赤ちゃんは自分では何もすることができず、泣くことでしか自分の欲求を伝えられません。

    お腹がすいた、眠いなど泣く理由は様々です。

    お母さんは、産後の身体回復しきれていない状態で、日々赤ちゃんのお世話に追われて大変です。

    毎日新聞について真剣に考えてみました。

    しかも、生まれたばかりのころは、お腹がすいた、うんちが出たなどで泣いていた赤ちゃんも、日々成長するうちに、なんで泣いているか分からないような時もあります。

    黄昏泣きなんていう言葉もあるように、理由は分からないけど夕方になると、よく泣く子もいます。



    理由が分からず泣いているとお母さんもどうしたらいいか分かりませんよね。一昔前までは、抱き癖がつくから泣いてもあまり抱っこをしない方が良いと言われていました。
    現在は、そんなことはなく、五感などの発達のためにもどんどん抱っこした方がいいと言われています。

    そもそも抱き癖がつくという考えは、戦後のアメリカの育児法からきたものです。

    口コミで評判の赤ちゃんをだっこのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

    女性の社会進出に伴って育児に時間をとれない、大人の都合で考えらたもので、赤ちゃんのために考えられたものではありません。

    お母さんも大変かもしれませんが、しばらくの間は家事なども上手く手抜きしながら、うまく付き合っていくしかありません。


    子供は日々成長してき、意思の疎通もできるようになると泣いているいる理由も分かるようになり、何でもかんでも泣くようなこともなくなっていきます。